Skip to content Skip to sidebar Skip to footer


HIJRA

THE STORY

イスラム教の歴史の中で最も重要な出来事の1つは、西暦622年に預言者ムハンマドがメッカからメディナに移ったことです。 この出来事の宗教的意義は、大変大きなものです。 それはイスラム教徒の暦の起点となり、“ヒジュラー”と呼ばれました。

“ヒジュラー”という言葉自体は「移住」を意味します。メッカでの迫害を逃れて、預言者ムハンマドと信者達は友好的なエチオピアに行きました。西暦622年の巡礼月があけた日(7月16日)日没から始まって次の日没までをイスラム暦紀元元年1月1日としました。各月は新月の出る日を第1日とし、30日の月と29日の月を交互に設け、1年は354日となり、太陽暦よりも11日も短くなります。そのため太陽暦と違って季節と月が一致せず、毎年11日ずつずれることになります。イスラム教徒のための集会は新しい月の直後に始まり、そして29〜30日続き、そして年は354〜355日です。

コンスタンチン・チャイキン氏は「ヒジュラー」を特許取得済みのメカニズムで作り上げました。ムスリムのカレンダーには、月の満ち欠け、日付、月、曜日が表示されます。アラビア数字の文字盤の真ん中で、モスクの先端のドーム型をイメージした時針は、イスラム教寺院のミナレットをイメージした分針を追い越します。

イスラム暦を備えた最初の近代的な腕時計は、コンスタンチン・チャイキン氏によって開発されました。世界中のイスラム教徒が常にイスラム暦の時間に合わせることが出来るようになります。

MOVEMENT

時計の厳格な外側のデザインと伝統的なイスラムの装飾的な要素との間に作り出された調和のとれたブレンドは、東の文化的で歴史的な遺産を現代的な見解で伝えます。

時計のすべての数字、曜日、月はアラビア語で書かれています。アラビア語は世界中の大多数のイスラム教徒に理解されている言語です。

イスラム建築の伝統は針の形に反映されています。時針はモスクのような形をしており、分針はミナレットのような形をしています。

イスラム暦に従って日付を表示する針の形は、最も有名なイスラムの象徴である三日月を思い起こさせます。 ケースバックはサファイアクリスタルで作られており、コンスタンチン・チャイキン氏によってデザインおよび作成された素晴らしいムーブメントを見ることが出来ます。 裏蓋のアラビア文字はコーランの章10の5節が刻印されています。

「人々が年の計算と時間の計算を学ぶことができるよう、神は太陽の輝きと月の光を与えました。」

「ヒジュラー」の時計の本質はまさしくこの神聖なフレーズに要約されます。時計の目的はアッラーの偉大な贈り物を常に思い出させ、時計の持ち主に使える事なのです。

HIJRA

Hijra
ヒジュラー

CALIBER
K01-2
Specifications
1時間あたり振動数:21,600
ジュエリー:21個
アンカルエスケープメント
バランス軸の衝撃吸収材
48時間のパワーリザーブ
Functions
時間、分、日、ムーンフェイズ、ヒジュラーカレンダーの特許取得済みデバイス(データ、アラビア語の月)
Case
ステンレススチール/レッドゴールド/プラチナ
直径42 mm
サファイアケースバック
販売価格

Hijra ヒジュラー

     
CALIBER
     
K01-2
Specifications
1時間あたり振動数:21,600 ジュエリー:21個 アンカルエスケープメント バランス軸の衝撃吸収材 48時間のパワーリザーブ
Functions
時間、分、日、ムーンフェイズ、ヒジュラーカレンダーの特許取得済みデバイス(データ、アラビア語の月)
Case
ステンレススチール/レッドゴールド/プラチナ 直径42 mm サファイアケースバック
販売価格
Best Choice for Creatives

This Pop-up Is Included in the Theme

Purchase Reprizo