Lunokhod

Lunokhod

The story

初めて月面を探索したのは?

最初の衛星が軌道に打ち上げられ、最初の宇宙飛行が始まり、月面を探索することになります。1970年代の激しい宇宙レースの筆頭は、アメリカとソビエト連邦という2つの大国でした。

答えはソビエト連邦が開発した月面ローバーと呼ばれる月面車です。

19701110日にルナ計画の一環として、ルナ17号が月面車ルノホート1を雨の海と呼ばれる月面へと運びました。ロシア語で月面を歩くものの意味を持つルノホート1号は、史上初めて他の天体の上に到着した遠隔操作可能なロボットです。

太陽電池で動くこの月面電気自動車は、11か月間8つの車輪で月面の10キロメートル以上を走行して、地球に何万もの写真を送信し、月面の土の多くの分析を実行しました。

コンスタンチン・チャイキン氏はライブでリアルな月の時計を完成させることに成功しました。月のコピーである直径12mmのダマスカス鋼のボールが文字盤の中央に配置され、回転することで月面の変化が表示されます。

月のムーンフェイズをこのように表示することはとても革新的であり、そして世界で唯一のムーブメントを開発しました。

Movement

Movement

逆行分表示は、ダイヤルの下部にあり、 時刻は12時間形式と24時間形式で表示されます。透明ケースバックはサファイアクリスタル製で、全体の複雑で驚くべきミクロの動きを観察することが出来ます。

コンスタンチン・チャイキン氏は、月の満ち欠けを継続的に調整する特許取得済みの装置を備えたキャリバーを開発、作成しました。

ムーブメントには31個のジュエリーを含む346個の部品と48時間のパワーリザーブが含まれています。

「ルノホート」世界限定12本のスペシャルエディションです。

Lunokhod

Lunokhod
ルノホート

Specifications
周波数: 1時間あたり21,600の振動
ジュエリー:31個
アンクル エスケープメント
耐衝撃バランスシャフト装置
48時間のパワーリザーブ
文字盤: ダマスカス鋼
分針、時表示、日表示は18Kのゴールド、12 mmの月はダマスカス鋼、半球はローダン色のシルバー
Functions
時、分、day/night、ムーンフェイズ
Case
ダマスカス鋼
直径50 mm
グラスバック
販売価格

 

Lunokhod Prime
ルノホート プラム

Specifications
周波数: 1時間あたり21,600の振動
ジュエリー:31個
アンクル エスケープメント
耐衝撃バランスシャフト装置
48時間のパワーリザーブ
文字盤:サファイアクリスタル、ローズゴールド、ムーンモデルとしての天然12 mm南洋真珠、ローダンシルバーの半球
Functions
時、分(逆行表示)、day/night、ムーンフェイズ
Case
18Kローズゴールド
直径50 mm
透明ケースバック
Waterproof
3 АТМ防水
販売価格
Order Sheet is here