Carpe Diem

Carpe Diem

The story

人類は時と分を数えることを学んで以来、あらゆる形の時計は最も認識可能な時間の表現です。芸術家たちは伝説的な絵画で時計を描いてきました。
コンスタンチン・チャイキンは、ロシアの発明家であり、コンスタンチン・チャイキン マニュファクチャーの創設者であり、時計以上のものをデザインしました。コンスタンチン・チャイキンは「カルペディエム」という時計に名前を付けました。そして、一人ひとりにとって短い時間がいかに重要であるかを思い出させるために、力学とデザインに複数の寓話的な時間表現というエッセンスを含めました。
「カルペディエム」の背後にある主なアイデアは、西部のカノンからの古典的な比喩を使って時間の抽象的なアイデアを具体化することです。 バルトロメウスブロイン、ピーテル・クラースそしてヘオリー・ナルブトの絵画を連想させるコンスタンチン・チャイキンのデザインに含まれるシンボル。「カルペディエム」の主人公は古代神クロノスです。創造の最初の要素である時間を生み出した神。彼は生き生きとした形で描かれています。思考にとらわれず、額に深いしわがあり、時間を示すだけのミニチュアダイヤルに夢中になっています。一方で古代神クロノスは鎌を使い、もう一方の手は砂時計の上にかかっています。背景にある星空は、宇宙の時間的性質を象徴しています。

Movement

Movement

「カルペディエム」の技術革新は、コンスタンチン・チャイキンによる特許取得済みのメカニズムです。いくつかのシャッターを使用してコンスタンチン・チャイキンは砂時計を流れる砂のように見える錯覚を作り出すことができました。「カルペディエム」では、動いている砂が分インジケータとして機能します。時間はモノグラムで飾られたミニチュアダイヤルに含まれている針によって示されます。 曜日の表示も含まれています。各曜日は適切な占星術のサインで示されています。コンスタンチン・チャイキンは新しいキャリバー、「カルペディエム」用の標準外の方法で時間を伝えるムーブメントの系列に属するK 01-4キャリバーを発明し特許を取得しました。カルペディエムの橋は「コートドジュネーブ」で飾られています。エスケープメントはゴールド, そして輝くバレルホイールとワインディングホイールは完璧に磨かれています。バランスの動きはサファイアガラスのグラスバックを通して見えます。ケースは手彫りで、装飾や古代神クロノスのイメージは緑青です。

CARPE DIEM

Carpe Diem
カルペディエム

Specifications
サイズ(mm): 38,6×7,9
素材: ゴールド、ステンレススチール
エスケープメント: レバー (アンクル)
ジュエリー: 33個
パワーリザーブ: 46時間
Functions
– 時間 :砂時計(60分に1回のフルサイクル分)の形をした動画による分表示。
- 占星術のシンボルを使った曜日表示
Case
シルバー、18Kローズゴールド、11個のダイヤモンド
販売価格

 

Order Sheet is here